化粧品大手が食品事業に挑戦。ポーラの新規事業第一号「BIDISH」の、PMFを見据えたプロダクト開発への向き合い方

こんな方におすすめ

  • 企業内新規事業の事業開発責任者として取り組まれている方
  • SEED→ALPHA期の事業開発の関心をお持ちの方
  • 新規事業開発プログラムを運営する事務局担当の方

About

Event Infomation

「何年も事業開発に取り組んでいるものの、PMFを達成する事業が生まれていない、、」
「社内に事業開発の経験を持っている人材が少なく、新規事業の立ち上げがなかなか上手くいかない、、」
企業内にて新規事業開発のミッションをお持ちの方には、こういった課題をお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

今回のセミナーでは、化粧品大手である株式会社ポーラの新規事業第一号として昨年サービスリリースされた、食品事業「BIDISH」の事業開発事例をご紹介します。
事業開発未経験から3年の期間を経て、サービスリリースまでたどり着くまでにどのような変遷があったのか?
現在、PMFを見据えてどのようなプロダクト開発を推進しているのか?
BIDISH事業責任者である大塚 真輝氏に具体的なエピソードも交え、お話しいただきます。

こんなことをお話しします
・事業初期仮説の組み立て・検証のプロセス
・商品開発の変遷
・PMFを達成するには?売りに先行せず、プロダクト開発に向き合うイマ
・未経験から事業立ち上げを実現した3年の道のり。

AlphaDriveでもご支援させていただいている本取り組みについて、”SEED→ALPHA期の事業開発の要点” の観点も踏まえながら展開させていただきます。
数少ないアクセラレーションフェーズの事業開発事例に触れていただける内容となっておりますので、
ぜひ奮ってお申し込みくださいませ。

 


開催日

2024年04月11日(木)18時00分~19時15分

会場・アクセス

会場での開催はございません。
お申込みいただいた方にオンライン配信視聴用のURLをお送りいたします。

Timetable

18:00-18:05
オープニング
18:05-18:15
【講演】BIDISH事業について
18:15-18:55 
パネルディスカッション
18:55-19:10
質疑応答
19:10-19:15
クロージング

Speaker

ポーラショップのコンサルタントを4年経験し、 2020年7月から新市場企画PJチームに配属。 社内コンテスト、新規事業進捗スキーム等の設計、 コンテスト通過案件のプロジェクトマネジメントも兼務。 自身もBIDISHのアイデア起案から現在は事業責任者として、 0→1→10の事業推進経験を持ち、事業拡張を目指している。

株式会社東芝でクラウドTVやメガネ型ウェアラブルなど様々な新規事業の立ち上げをしてきた連続社内起業家。2020年にエイベックス株式会社との合弁会社であるコエステ株式会社を設立し、執行役員に就任。2022年より株式会社アルファドライブに入社し、新規事業開発支援に従事。 累計40社以上、400以上の新規事業プロジェクトの支援に携わる。 経済産業省グローバルイノベーター育成プログラム「始動」3期生。東京大学大学院協力研究員。

ご好評につきお申込みを締め切りました。
たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。

資料請求はこちらから

資料ダウンロード(無料)